リノベ宿

リノベーションした宿(ゲストハウス) と⼈と地域の新しい縁を育む情報サイト

つーだい

つーだい

リノベ宿の編集長。クラファンお兄さんしてます。

三奇楼の宿泊レポート

〇. 宿泊した感想

川辺社長
宿泊してみて、とても懐かしくなりました。ふと祖父の家を思い出したんです。…実は取り潰して、普通の家に建て替えてしまって・・・少しもったいないことをしてしまいました。
三奇楼さんは大正時代の良い趣を残しつつ、工務店を営むオーナーの南さんがご自身でリノベーションをしたこだわりのリノベ宿です!

1. おすすめ!みどころポイント3つ

みどころポイント3つ/

1. 入るといきなり蔵バーがおしゃれすぎる
2. 現役の職人が惚れた空き家はあえて大正のままに
3. 屋根上のデッキからの眺め最高!吉野川のほとりでBBQ

おすすめ!その1|入るといきなり蔵バーがおしゃれすぎる

玄関をくぐってすぐに蔵があり、その蔵をバーにリノベーションされました。
三奇楼がある吉野にはバーが存在していなかったので、パーを営業している夜には地元の若者が集まっていつも満席になるほどの人気店に。
今後は開業支援のために、これから飲食店をしたい方や自分の世界観を表現したい人が1日店長をまかせていくそうです。
(笑)もっと増やしたいのでぜひ興味ある方は言ってください!

おすすめ!その2|現役の職人が惚れた空き家はあえて大正のままに

DIY、リノベーションというと、壁をガンガン壊してまるっきり違うものに…というイメージがあります。
しかし、三奇楼では大正時代当時の職人による手づくりの良さをあえて残しています。
南さん
リノベーションとは、つくり手の想いと自分の想いをマッチングさせて新たなものをつくることだと考えています。

おすすめ!その3|屋根上のデッキからの眺め最高!吉野川のほとりでBBQ

2階の部屋から、デッキへ渡り廊下で行くことができます。別棟の屋根の上に新たに作られたデッキ。
吉野川を雄大な一望できたり。
そして、バーベキューパーティーができます。この日は川魚の塩焼きをしていました。
夜はコーヒーを飲みながら、夜は川魚とビールでゆったりとした吉野ライフ。



2. ちょっぴり気になるところ3つ

ちょっびり気になるところ3つ/

1. アクセスはよくない?大阪から1時間半はかかる
2. 本当に大正のまま、古くて手付かずの部分も多少有
3. 周辺施設はまだまだのようす

気になるところ1 アクセスはよくない?梅田から1時間半はかかる

大阪・梅田からだと
電車:天王寺経由→片道1時間40分1250PI
車:最速片道1時間半です。
気持ち遠いですが、ちょっと都会を離れて遠出したいとかであれば良いかと思います。

気になるところ2 本当に対象のまま、古くて手付かずの部分も多少有

そこまで気にならない方は問題ありませんが、オーナーさんのこだわりで大正のままで職人の手を残した部分が多いです。

気になるところ3 周辺施設はまだのようす

車であれば明日香村の観光めぐりや、電車で吉野山の桜など、少し離れたら結構いろいろあります。徒歩3分で20時まで空いているスーパーが、徒歩5分のところにローソンもあります。
しかし、歩ける距離には銭湯やカラオケのようなアミューズメント施設は少ないようです。これから増えるといいですね!



評価

入りやすさ★★★★☆(4.0)
味の衝撃度★★★★★(5.0)
めずらしさ★★★★☆(4.0)
コスパ度数★★★★☆(4.0)
総合評価★★★★☆(4.0)

想い

1. 三奇楼の名前の由来

上市の路地にひっそりと佇む、三奇楼。
かつてはこの場所に料亭旅館として使われていた建物がありました。
当時には珍しい4階建ての純和風建築で、旅人や木材を運搬する笹師たちの疲れを癒すお宿として、利用されていました。
建替えがなされた現在も、玄関のアーチ門や蔵の姿に当時の名残を見ることができます。
上市は伊勢街道筋にあり、かつてはお伊勢参りの参拝客が立ち寄る宿場町として栄えました。
2月11日に行われる戎神社の初市では、現在も通りに露店が立ち並びにぎわいを見せます。
『三奇楼』という名前は、建物ができたときの料亭の名前を引き継いでいます。
「新しく作り変えれば?」という地域住民の声もありました。しかし、家族で営んでいた三奇楼の想いを私なりに残したかったんです。
なので、私はあえて名前を引き継ぐことで「当時のままを残す」ことを重きにおきました。

過去~三奇楼ができるまで~

2-1. ゲストハウスをやるまでは自分の仕事や吉野に自信が持てなかった

当時は、吉野で会社を持ちながら、吉野のとなり町で仕事をすることがメインでした。



宿泊情報

1. 基本情報

ゲストハウス・移住体験スペース
三奇楼SANKIROU
祖0746-39-9207
奈良県吉野郡吉野町上市207
株式会社南工務店
奈良県吉野駈吉野町上市2294-14
TEL: 0746-32-5225
FAX: 0746-32-1785

2. 部屋

ご宿泊(素泊まり)プラン
《通常時》
1室2名様以上でご利用時4,000円/人
1室1名様でご利用時5,000円/人
1棟全室(デッキ含む)ご利用40,000円+人数X 500円
《オンシーズン(4月1 日-5月6 日7月20-8 月31 日9 月17 日-19 日)》
1室2名様以上でご利用時4,500円/人
1室1名様でご利用時8,000円/人
〈有料メニュー〉
貸しタオル100円/枚
洗濯携100円/回
乾燥機100円/回
〈お食事について〉
朝食500円(ご希望の方のみご用意します。)
団体さまの場合、仕出し料理をとることができます。詳しくはお問合せください。
〈冷暖房費用〉
200円/ー室(7・8月12・1・2月のみご負担をお願いしております。)
日帰りプラン
一棟(全室・デッキ)ご利用
全日15,000円+ 人数x200円
各階別和室のご利用(1階2室または2階2室)
午前(9:00 – 12:00) 3,000円+人数X 200円
午後(13.00 – 16:00) 3,000円+人数X 200″J
夜間(18.00 – 21:00) 5,000円+人数X 200″J
〈お食事について〉
団体さまの場合、仕出し料理をとることができます。詳しくはお問合せください。
ドミトリーはなく、個室になります。宿泊だと値段は1人4000円(2人以上の場合のみの値段)からです。

3. ロコミ

ゆるくて親しみやすく、包み込んでくれるような三奇楼の居心地のよさ。どこかに余臼やすきまがあるような、でもラフであったかい場所。
風通しがいい、とはただ風が通り抜けるという意味だけではなく、人と人や、人とものこととの距離感を表す言葉なのかもしれません。
https://greenzjp/2017 /02/05/yoshinomachi/
宿の門から内装、外装と、至る所に吉野の木を使い、そして古き良きものが残されている三奇楼。
吉野町の南工務店さんがオーナーなので、三奇楼への愛、そして吉野を想う気持ちを感じ取ることのできる宿です。
http://qq4q.biz/v6lb

4. サービス・設備



5. 周辺スポット

地域で運営するもう一つのゲストハウス|吉野杉の家

アメリカの超急成長中のスペースシェア企業Airbnbのモデルルームとして展示されていたものを、今は吉野に移し吉野の住民で運営しています。
世界初の「コミュニティーハウス」として建築と文化の共有を通し、地域の活性化を目指すために生まれました。
もちるん予約は全てAirbnbの予約サイトのみ。地元住民との交流も深く、吉野杉の長机を取り囲んで、対話をすることができます。



編集後記

今回初めての取材ということで、非常に深い話を聞けました。ほんの1時間インタビューしただけでこんなにも想いが溢れる南さんと、それを表現する空間に深く感銘を受けました。
私自身、今まで仕事仕事で「住」というものを軽く受け取っていたのですが、今回の取材でゲストハウスの真髄と、住む場所に対する捉え方が明らかに変わりました。
まだまだ始めたばかりで、拙い部分もありますが、今後もたくさんの人と場に出会って人柄を写し出す表現を文章で届けていきたいと思います。

関連のあるプログラム

CATEGORY

CATEGORY

PICKUP

奈良県

奈良吉野のゲストハウスおすすめ三奇楼|現役職人が惚れこんだ空き家

2019/04/13
三奇楼の宿泊レポート 〇. 宿泊した感想 川辺社長 宿泊してみて、とても懐かしく...
コラムニスト募集中
リノベ宿のゲストハウスを募集しています